逆プロポーズ

逆プロポーズ

逆プロポーズとは、言わずもがな、女性から男性にプロポーズをするという事を指します。ジェンダーレスの考え方が広がる昨今においても、プロポーズとは男性からという認識を持つ方が非常に多いです。

 

ブライダル総研「ゼクシィ 結婚トレンド調査2021調べ」によると、プロポーズの有無を聞いたアンケート結果では夫から妻にプロポーズをしたのは81.9%です。女性から男性にプロポーズをした人は1.4%とのことでした。(残りはプロポーズが無かった・無回答)

 

圧倒的に男性からが多いですね。

しかし、面白い事に女性から男性にプロポーズをする所謂「逆プロポーズ」をどう思うかというアンケートの回答では「アリ」と答えた方が約86.5%もいたのです。

圧倒的多数の男性が女性からのプロポーズをOKと思っているということですね。

男性からプロポーズしなければいけないという古い考えは変わりつつあり、多くの男性が女性からの逆プロポーズを受け入れているようです。

 

さて、女性からのプロポーズがアリだとして、どういった事に気を付けるべきなのでしょうか。いくつか挙げてみました。

 

言葉選びに気を付けよう:

シンプルで誠実な言葉で伝えましょう。「ずっと一緒にいたい」「ありがとう、私の幸せはあなたと一緒にいることだよ」と感謝の気持ちを込めたフレーズが良いです。

 

タイミングを見計らう:

相手の状況や気持ちを考慮してプロポーズのタイミングを選びましょう。特別な日や共通の思い出の場所でプロポーズするのも良いアイデアです。

 

雰囲気を大切にしよう:

ロマンティックな雰囲気を演出することで、プロポーズの瞬間を特別なものにします。夜景や自然の中でのプロポーズなど、素敵な場所を選んでみてください。

 

返事を急かさない:

相手にプロポーズされた際と同様に、返事を急かさずに待ちましょう。相手の感情や考えを尊重し、プレッシャーをかけないようにしましょう。

 

自信を持ってプロポーズをしよう:

自分の気持ちを素直に伝えることが大切です。自信を持ってプロポーズし、相手に愛情を伝えましょう。

 

女性らしさを忘れずに:

ジェンダーに関わらず、女性らしさを大切にしてプロポーズしましょう。自分らしいスタイルでアプローチすることが大切です。

 

ウザいと思われるタイプのプロポーズを避ける:

相手の好みや性格に合わせてプロポーズのスタイルを選びましょう。冗談を交えたり、ユーモアを取り入れたりするのも良いですが、相手が好むスタイルを考慮しましょう。

 

いかがでしょうか。こうしてみると、男性から女性へプロポーズをする場合の注意点と殆ど変わらないようにも感じられます。

結局のところ、人から人へと想いを伝えるのに、性別の違いによる差異などあまり関係ないのかもしれませんね。

 

プロポーズは、ただの形式ではなく、二人の絆を深める大切な瞬間です。

男性からにしても女性からにしても、相手の好みや性格を考慮し、心からの言葉と共に想いを届けることで、忘れられないプロポーズになるでしょう。

思い出深い瞬間となりますように。

こちらの記事もおすすめ

  • ジューンブライド
    ジューンブライド

    「ジューンブライド」は、欧米で伝えられる「6月に結婚した女性は幸福になれる」というジンクスを指す言葉です。 この伝承はヨーロッパが起源とされており、古代ローマの神話や文化に由来しています。 それでは、ジューンブライドの起源や意味、日本...

  • 戸籍謄本の添付が不要になりました。
    戸籍謄本の添付が不要になりました。

    婚姻届の提出についてのお知らせです。   令和6年3月より戸籍法の一部を改正する法律が施行されました。 それによって、今まで婚姻届の提出時に必要だった戸籍謄本が不要になりました。   これにより、婚姻届提出に必要なものは 婚姻届 届...

  • エピソード紹介・性格が正反対な私と彼が結婚をした
    エピソード紹介・性格が正反対な私と彼が結婚をした

    彼は出会った当時33歳。神経質で消極的な男性で、いつも計画通りに物事が進まないと不安を感じるタイプでした。 一方、私は当時23歳で性格的には活発な方であまり細かい事にこだわらないタイプです。私は人生を楽しむことをモットーとしており、常...

ブログに戻る