ジューンブライド

ジューンブライド

「ジューンブライド」は、欧米で伝えられる「6月に結婚した女性は幸福になれる」というジンクスを指す言葉です。

この伝承はヨーロッパが起源とされており、古代ローマの神話や文化に由来しています。

それでは、ジューンブライドの起源や意味、日本ではどう認識されているのかについて詳しく見てみましょう。

 

ジューンブライドの起源

ジューンブライドの起源にはいくつかの説がありますが、最も有力視されているのは「ギリシャ神話のヘラとローマ神話のユノが守護する月」説です。

ヘラとユノは古代ギリシアとローマの女神で、結婚や出産を司る神様として信仰されていました。このため、6月に結婚したカップルはヘラやユノの加護を得られると考えられ、幸せな結婚生活を送れるとされました。

 

日本での普及

日本でも「ジューンブライド=6月に結婚すると幸せな結婚生活をおくることができる」という話はかなり有名です。

しかし、日本は梅雨の季節であり、雨の日が多いため、雨天での結婚式はゲストへの配慮もあり、避ける傾向にあります。

そのため、近年は昔ほど6月の結婚式にこだわらないようです。

とは言え、ジューンブライドに憧れる女性も多く、結婚式の日程を決める際には慎重に考えることが必要です。

 

現代のジューンブライド

現代の日本では、ジューンブライドに憧れる女性も多い一方で、梅雨の影響や会場の選定などを考慮して、結婚式の日程を決めることが求められます。

 

しかし、入籍を6月にしよう、という事になると、あまり天気の良し悪しは関係ないので、結婚式はさておいて、入籍日をジューンブライドで、という形は良いのではないでしょうか。

 

ジューンブライドの起源は古代ローマにあるとされていますが、その意味やジンクスは今も多くの人々に愛されています¹。

 

結婚の際に考慮すべき要素の一つであり、幸せな結婚生活を願うカップルにとって特別な意味を持っているのです。

こちらの記事もおすすめ

  • 5月1日はちいかわとハチワレの誕生日です
    5月1日はちいかわとハチワレの誕生日です

    こんにちは!婚姻届製作所です。   皆さん、GWはいかがお過ごしですか? 連休を謳歌しているでしょうか?人が多くて大変。混雑は苦手という方もいらっしゃるでしょうが、まだまだ続く長い連休を是非楽しんでいただきたいなと思います。   また...

  • 連休中に行うお祝い事について
    連休中に行うお祝い事について

    こんにちは!婚姻届製作所です。   もうすぐゴールデンウィークですね。2024年は4月27日の土曜日から始まり、中日の4月30日~5月2日を休みにすると5月6日までで最大10連休にもなるそうです。 まさに大型連休!カレンダー通りに休み...

  • いいふうふのひ
    いいふうふのひ

    こんにちは!婚姻届製作所です。 結婚記念日と言えば、夫婦の大事な記念日ですよね。そんな記念日として人気の日といえば、11月22日の「いい夫婦の日」でしょうか。 この日は入籍するカップルが一年の中で一番多い日と言われています。   11...

ブログに戻る