春分の日とは

春分の日とは

こんにちは!婚姻届製作所です。

 

320日は春分の日です。春分の日とはどんな日なのか、答えられる人は実は多くないのではないでしょうか。

なんとなく3月の下旬あたりにある祝日で、春っぽい日?のような認識だったりしませんか?かくいう私もそうなのですが…本日は春分の日について簡単に解説していきます。

 

春分の日といえば、よく聞くのは「昼と夜の長さが同じになる日」というものです。これは、大体同じような長さではある物の、実は昼の時間の方が少しだけ長いのだそうです。

 

祝日法上、春分日は320日~21日ごろのいずれか一日とされていて、実際には日付が指定されていないのだとか。

 

春分日とは天文学上、次のように定義されています。

太陽が春分点上を通過する時間を「春分」と定義し、その春分を含む日の事を春分日と呼ぶのです。

地球が太陽の周りを回るのにかかる時間は365日ちょうどではありません。365日と6時間と少々。その為、毎年春分は少しずつずれていきます。しかし、延々とずれ続けるわけではなく、うるう年がある分調整されて20日~21日の間に収まっているのですね。

なので春分の日は320日から21日とされているのです。

 

春分の日が実は指定されていなかったことをご存じでしたか?

 

春分の日はお彼岸の中日です。この日の前後3日間がお彼岸にあたります。慣習としてお墓参りに行くという方も多いのではないでしょうか?できればご先祖様を供養してお過ごしになられてくださいね。

そして是非ぼた餅を食べましょう!

こちらの記事もおすすめ

  • 彼女との同棲前に婚姻届は提出すべき?
    彼女との同棲前に婚姻届は提出すべき?

    Q.来月から彼女と同棲をする予定なのですが、その場合先に婚姻届は提出すべきでしょうか? もちろん結婚を視野にいれているのですが、プロポーズや親挨拶はまだです。同棲から先にするのってありでしょうか? こんにちは!婚姻届製作所です。 ...

  • 春といえば?
    春といえば?

    こんにちは!婚姻届製作所です。   3月も中旬になり、寒い日もありますが、暖かいと感じる日も増えてきました。 「春だなあ」と感じる事が多くなってきて、あと10日もすれば関東エリアでは桜開花の声も聞こえてくるでしょう。   さて、みなさ...

  • 3月31日
    3月31日

    こんにちは!婚姻届製作所です。   今回は入籍日についてアレコレと語るシリーズの回です。   3月31日に入籍するってどうなの? というテーマでお話しようと思います。   入籍日と言えば、婚姻届を役所に提出して受理された日。つまりは結...

ブログに戻る